後期課程の特徴
Characteristics

世界文化遺産学専攻は、遺産保護に関わる多くの問題や課題に取り組む高度専門家および研究者養成を目的とする世界で初めての世界遺産研究の博士課程です。

遺産の保護には、個々の遺産そのものに関する学術的調査・分析・評価および保存修復技術の研究や開発はもちろんのこと、遺産を巡る諸条件、持続的保護へ向けての管理運営が不可欠です。開発途上国や紛争・経済的問題を抱える地域などでは、文化遺産の保護の実現は国際協力に頼らなければなりません。ユネスコは、大きな努力をこうした途上国の遺産保護活動に傾注していますが、危機的状況への国際的対応は決して十分とは言えません。

このように遺産の保護に関わる状況は複雑にして多面的であり、世界遺産保護の専門家として、アジアをはじめ広く国内外で活躍するためには、理論と技術の両面において、既設の修士課程「世界遺産専攻」修了後さらに高度な専門的知識と研究能力を修得する必要があるとの認識から、修士課程と同様に文化庁の協力を得て開設が実現しました。

ユネスコ・世界遺産センターでのインターン実施(選抜制)、ドイツ連邦共和国ブランデンブルク工科大学コットブス校との交流協定、ユネスコ、イクロムの指導によって運営されているアジアン・アカデミーへの参加など、国内外の関連機関と連携しながら行われる特色ある教育プログラムにより、博士課程では、まず、文化遺産領域での専門研究が進められます。世界遺産保護に教育・研究機関としての大学が果たす役割は大きく、博士課程から世界遺産保護の未来を担う専門家が育ち、多彩な活動が展開されることを願ってやみません。

In response to the social and international appeals for the protection of the World Cultural Heritage, “World Cultural Heritage Studies” is aimed at training advanced researchers and specialists engaged in the identification, protection and preservation of heritage around the world with sophisticated expertise. “World Cultural Heritage Studies” was inaugurated in April 2006 as the first and only doctoral program in the world particularly relating to the studies of the world cultural heritage. It is organized according to the following sections: Conservation Philosophy, Policy and Administration in Heritage Conservation, Project Management and Tourism, Heritage Landscape, Architectural Heritage, History and Heritage of Art and Conservation Science. Students of this doctoral program are expected to develop, widen, or deepen their academic experience in the “World Heritage Studies,” a two-year master’s program in the Graduate School of Art and Design, or other institutions of similar specialty and standard.

博士の学位
Doctoral Degree

博士(世界遺産学) Doctor of Philosophy in World Heritage Studies
博士(学術) Doctor of Philosophy

主な進路
Career Paths

教育機関:
筑波大学,山梨大学,鳥取大学,秋田県立大学,第一工業大学,カセサート大学,東南大学,西南交通大学,湖南師範大学

国・公共団体:
パナマ政府,茨城県,富岡市,白川村 など

公的機関:
独立行政法人東京文化財研究所,独立行政法人奈良文化財研究所,国立民俗博物館,橿原考古学研究所,根津美術館,公益財団法人自然保護助成基金 など

コンサルタント関連企業他:
株式会社文化財工学研究所 など

カリキュラム
Curriculum

世界文化遺産学専攻は,世界遺産の保護に関する社会的,国際的ニーズに応えるため,遺産保護に関する高度な研究を行う研究者及び国内外の遺産保護現場,国際機関等で高度の学識と専門的能力をもって遺産保護に従事する博士を養成することを目的としています。本専攻は,世界遺産の教育・研究を目的とする世界で初の博士課程であり,「保存哲学」,「政策・行政」,「整備・観光」,「景観」,「建築」,「技術」,「保存科学」,「自然」の8領域で構成されます。既設の修士課程「世界遺産専攻」が自然遺産を含めて世界遺産全体にかかわる基礎的,総合的,技術的教育を行うのに対し,「世界文化遺産学専攻」は,世界遺産の理念と課題をより専門的,学術的に考究する課程で,海外研修にも力をいれた教育を行います。

講義内容については,シラバスを参考にしてください。
2018年度シラバス
https://kdb.tsukuba.ac.jp/

博士論文
Doctoral Theses

修了生の博士論文タイトルをご紹介します。(著者の意向により、ダウンロードできないものもあります。)

2018年度

  • 文化遺産としての「巡礼路」の保存と継承の研究~熊野参詣道伊勢路を事例に~

  • 文化財輸送時に生じる振動と衝撃の評価手法

  • 文化財における金属周辺木材の白色現象 :特徴と発生機構

  • 文化遺産の保護における地域遺産制度の役割

  • 敦煌莫高窟に描かれた規則性を備える千仏図の研究

2017年度

  • 国立公園指定と世界遺産登録における吉野の評価とその背景

  • 中国貴州省における少数民族の穿闘式木造民家の建設に関する研究-黔東南ミャオ族トン族自治州公納村を対象として-

  • 国立公園指定と世界遺産登録における吉野の評価とその背景

  • Present and Future of Cultural Heritage Policies in Central America

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

  • スペイン植民地における建築工事制度と技術:メキシコ盆地の事例研究
  • ハギア・ソフィア大聖堂モザイクの現状記録及び材料・技術に関する研究
  • リビアの文化遺産保護行政に関する研究

2010年度

  • フィンランドにおける二十一世紀建築遺産保護の研究
  • 出土鉄製文化財の腐食における鉄還元細菌の研究
  • 発展途上の島嶼国(SIDS)における持続可能な遺産観光に向けたマネージメント戦略 – ジャマイカの事例 –

2009年度

  • 中国麗江世界遺産地域における民家の変化と継承 白沙集落を中心とした保存のための考察
  • UNESCOの成立に関する研究 – LNとCAMEの文化遺産保護政策の継承と発展 –
  • 文化財保護法の成立過程に関する研究  – GHQ/SCAP文書にみる起草の背景と草案・法案の変遷 –
  • 「武力紛争の際の文化財の保護に関する条約」の諸課題と解決に向けた取組み
  • 博物館学の視点と方法による建築遺産の公開に関する研究
  • パナマと日本における文化的価値を有する木造・混構造建造物の保存修復に関する比較研究
  • 中国における文化遺産としての歴史地区の持続可能な観光開発のあり方に関する研究  世界遺産「麗江古城」束河地区を事例として